消費者金融の利用限度額

利用限度額とはその名の通り、融資を受けられる限度額のことです。
最大融資額、と思っておけばいいでしょう。

消費者金融には、各会社ごとに設定された利用限度額があります。
これは残念ながら私たち利用者には決めることができません。
100万円融資を受けたいのに、50万円までしか認められなかった、ということも出てくるわけです。
限度額は基本的には変わりませんが、きちんと返済をしていくことにより、だんだん利用枠が増えてくることもあります。

この限度額はどうやって決められているのでしょうか。
消費者金融を利用するときは、必ず審査を受けます。
この審査段階で利用限度額が決められるのです。

ではどんな人が多額の融資が受けられる可能性があるでしょう。
定職についている、勤続年数が長い、正社員である、収入が多いなどの条件が重なると利用限度額は高くなる傾向にあるようです。
逆に言うと、収入が少ない、勤続年数が短い、パート・アルバイトである、などの条件が重なると利用限度額は少なく設定されてしまいます。
さらに、過去に金銭トラブルを起こしていると限度額はかなり低くなってしまいます。

ちなみに、一般の消費者金融よりも銀行系や信販系の消費者金融の方が最大融資額が高い状況のようです。
多額の融資を検討している人は、銀行系や信販系の消費者金融も視野に入れてみましょう。