消費者金融の審査の内容

さて、消費者金融会社を決めたらいよいよ申し込みです。
とはいっても、申し込みは至って簡単です。
窓口なら申込書類を書くだけ、インターネットなら入力するだけで申し込みができます。
しかし、その後に審査が待ち構えています。

現在の消費者金融ではほとんどの人が審査に通ることでしょう。
審査の内容・厳しさというのは会社ごとに違いますので、何社か申し込みをして全て通る人もいれば、1社しか通らない人というのも出てきます。

消費者金融側はなぜ審査を行うのでしょうか?

当たり前のことですが、消費者金融は利用者にお金を貸し付けてその金利で儲けを出す、という【商売】を行っています。
きちんと返してもらえるかどうか、お金を借りたままどこかにフラッといなくなったりしないか、いくらまでなら返済が滞らないか…。
こういったことを調べるために審査を行うのです。

前述の利用限度額はそういった審査を経て決められています。

審査で重要視される項目はある程度予想ができます。

収入・年齢・居住形態・職業、勤務先、勤続年数、家族構成…。
そして一番重要なのは
「他の消費者金融などからすでに融資を受けているかどうか」
「過去にトラブルを起こしていないか」
です。
他社から融資を受けているからと言って絶対に審査に通らないわけではありませんが、利用限度額はかなり低く設定される可能性が高いです。
もし、既に消費者金融などから融資を受けていた場合は、完済してから新しい申し込みをするようにしましょう。